■前足の幅が広い開張足・開帳足(かいちょうそく)の症状と原因と対策

開張足

1. 症状

足の裏にあるアーチの周りの筋肉が弱くなり足骨のアーチの形が下がることで足前方の横アーチも下がって平らになっている状態です。その結果、足の横幅が広くなって本来の横アーチのクッション機能がなくなり、足の裏に痛みが生じる場合と足の外側が靴と擦れ合い痛みが生じる場合もあります。

 

2. 原因

足の筋肉が衰えて足の3本アーチが下がることで生じます。特に横アーチの下がりが激しい時におこりやすい病状です。

 

3. あすすめ対策は本来のアーチ機能を復活させるBAREFOOT SCIENCEインソール!

クッション性があるインソールなどを入れて横アーチを支える方法もありますが、それだけですと継続的にそれに頼ってしまう恐れがあります。足の3本アーチのうち、横アーチだけを作るのは難しいと言われています。横のアーチを戻すには山の形になっているアーチ山頂の底面を徐々に押し上げて本来のアーチの形に元します。元した土踏まずのアーチに適度な刺激と足指を使い筋力を鍛えると問題改善と再発防止になります。インソールに頼らない足アーチの筋力を作り上げるインソール!