■親指が痛い外反母趾 (がいはんぼし)の症状と原因と対策

外反母趾

1. 症状

・親指の関節が外側に広がり親指の先は内側に曲がっている状態

・曲がってる親指の外側が靴にあたって圧迫される

・横アーチが崩れて足幅が広がり、靴が窮屈になる

・ひどい場合は親指(第一趾)と2番目の足指(第二趾)が重なる

・こぶ、炎症、痛みなどが生じやすく、歩行への障害に至る場合もある

 

2. 原因

遺伝性や骨盤の歪みからそれを補うために足に負担がかかり関節が変形する場合もあり、親指の関節に摩擦と圧力を引き起こすような窮屈な靴や履き物も原因の一つです。

 

弱まった足の筋肉によるアーチの崩れで足の過度な回内運動(内側に回す運動)に影響をうけて生じる場合もあります。

 

3. 様々な対策

① クッションインソール  :  適用外

 

② アーチサポーター
アーチを補強するサポーターを利用することで、過度な内側の回転を抑える役割がありますが適当な足の運動を制限してしまうため、足の筋肉をさらに弱めてしまう恐れがあります。

 

③ オーダーインソールと靴
足にカスタマイズされたインソールで補強することで、過剰回内運動を抑える役目がありますがカスタムインソールに依存しすぎると足の筋肉自体の補強にはつながらないため、筋力低下になります。

 

④ BAREFOOT SCIENCE インソール(おすすめ対策)

本来のアーチ機能を復活させる世界唯一の鍛えるインソール!ベアフットサイエンスは段階的に足裏のアーチを押し上げるアーチブロックが付いているので、足のアーチを引き上げるだけでなく同時にアーチを鍛える効果を得ることができます。本来のアーチに戻すことで、足のトラブルの原因を改善させる働きがあります。毎日歩く時、土踏まずに気持ちいい刺激と足指を使いやすくサポートすることでアーチの筋力を鍛えられます。足指と足裏のトレーニング効果。

 

崩れている3本のアーチを元に戻すことで横アーチも正常な形になります。その横アーチをサポートすると広がている足の横幅が縮み、親指の部分にかかる圧迫を和らげます。前の部分が広い、柔らかい、足に合った履き物の使用を兼用をおすすめします。