■前方シンスプリント、脛骨過労性骨膜炎(けいこつかろうせいこつまくえん)

シンスプリント

・前方シンスプリント、脛骨過労性骨膜炎の病状と原因と対策

①病状

下脚の表の横の部位で痛み、麻痺またはうずくことが生じます。

 

②原因

崩れているアーチを支えるために周りの筋肉を使い過ぎたり、頻繁に急停止を行う動作、坂道を駆け降りるような動作、下脚の表と裏の筋肉のアンバランスで生じます。

 

③様々な対策

・クッション性インソール

トラブルによる痛みを吸収し、一時的には安定を提供するかもしれません。
 
・アーチサポーター
アーチを全体的に支えることで足が安定され、下脚の筋肉の負担を軽減しますがサポーターに頼りすぎますと筋力が弱まります。
 
・オーダーインソールと靴
足にカスタマイズされたインソールで補強することで、過度回内運動を抑える役目がありますが足の筋肉補強にはつながらないため、筋力低下に繋がりやすいです。
 
・安静、アイシング、圧迫、足を高くする事
アイシング、圧迫することで、痛みを和らげることができますが応急処置程度で短期的には良いですが、原因は解消されません。 

 

・おすすめ対策は本来のアーチ機能を復活させるインソール・BAREFOOTSCIENCE!

土踏まずのアーチを作る・支える・鍛えることで本来のアーチ機能を取り戻し、アーチの筋肉を強くすることでバランスがよくなり、下脚の筋肉に対する負担を減らして回復を促し、再発防止にもなります。