■アーチが高いハイアーチ

土踏まずのアーチが下がる扁平足とは逆にアーチが正常の高さより高くなる状態です。アーチが高くなる分足の先から踵まで距離が短くなり、体全体のバランスを支えるための安定性が悪くなります。不安定なアーチの構造を補うために足周りの筋肉を使い過ぎて疲れやすくなったり、足の指に変形をもたらす場合もあります。原因は遺伝性や窮屈な靴を履くことや足筋肉の強直などを取り上げられます。対策としてはなかなか難しいのですが足筋肉のマッサージや足先で階段を上ったりしながらストレッチをすることがあります。

 

おすすめ対策は土踏まずのアーチを作る・支える・鍛えるBarefoot Science(ベアフットサイエンス)インソールです。本来のアーチ機能を復活させるベアフットサイエンスは歩くたびに足に良い刺激を与えることと足指をトレーニングさせることができます。土踏まずのマッサージ効果や足指運動でアーチ周りの筋肉をほぐして柔軟性を高めることが期待できます。