■魚の目・タコ・マメ(Corns and Calluses)

魚の目とたこ

・魚の目・タコ・マメの病状と原因と対策

①病状

高い圧力がかかる足の裏部分の皮膚を厚くすることで生じます、最初はマメからタコに段々進行します。摩擦が多い部分、または、つま先関節上の部分の皮膚を厚くすることでうおの目が生じます。タコ・マメには芯がないのですが、魚の目には芯があります。神経障害は鋭い刺痛、または鈍いなど、痛んでいる痛みを引き起こす場合があります。

 

②原因

土踏まずのアーチが崩れることで体重が均等に乗らないことやアーチの崩れで拡大した足と靴の間で反復的な摩擦により生じる場合もあります。

③様々な対策

・クッション性インソール
均一に足裏の圧力を分配することができますがインソールがないとトラブルが繰り返される恐れがあります。また、靴を圧迫することにより他の足のトラブルを引き起こす可能性があります。
 
・アーチサポーター
足に体重が均等に乗ることを助けることができますがサポーターに頼りすぎるとトラブルの根本的な原因解消できず更に筋力が弱まる場合もあります。
 
・オーダーインソールと靴
自分の足型にあうようにカスタマイズしているので、直接的なサポーターができますが
オーダーインソールにより補強されたサポートは、足の筋肉を弱めてしまうためオーダーインソールが常に必要になる依存になります。
 
・クリームと軟膏
クリームは皮膚を柔らかくし、摩擦力を減らして痛みを和らげて短期間の安心感を得られますが、アーチの崩れの原因は改善されません。


・おすすめ対策は本来のアーチ機能を復活させるインソール!BAREFOOT-SCIENCE

土踏まずのアーチを作る・支える・鍛えることで本来のアーチ機能を取り戻すと体重が足に均等に乗り、足裏の部分的な圧力や摩擦が解消されます。インソールに頼らない足を作り上げるインソールはベアフットサイエンスです。