■アキレス腱炎症 (Achilles Tendonitis) の病状と原因と対策

アキレス腱炎症

1. 症状
アキレス腱の炎症が原因で踵のうしろで鋭い銃撃痛が起こります。痛みは、朝の一歩目の歩行や安定時からの動き始まる時に起こります。
 
2. 原因
過度な反復ストレッチの結果としてアキレス腱に起こる損傷や過度のアーチの回内運動(内側に回す動作)を繰り返した時、ふくらはぎの筋肉、腓筋を鍛え過ぎまたは、急激に動くことで起こりやすくなります。崩れてるアーチを庇う為に無理をしてしまう場合もあります。
 
3. 様々な対策
① アーチサポーター
アーチを支えるサポーターを入れることでアーチを補強し、過度な内側の回転を抑える事ができますが崩れているアーチを根本的に正すことはできません。


② オーダーインソールと靴
損害した組織を回復する方向へと導き、安定させることができますがオーダーインソールの矯正器具によっては硬すぎてしまい足を痛めたり、器具に依存してしまう場合もあります。

 

③ その他-筋膜治療、電気刺激、寒冷療法と超音波
これらの治療は炎症を減らすことができ、治療プロセスの速度を上げていくことができますが一度で回復にはならず、その状態が何度も繰り返される場合があります。 

 

④ BAREFOOT SCIENCE インソール(おすすめ対策)

ベアフットサイエンスは段階的に土踏まずのアーチを段階的に作って戻す・支える・鍛えることで、本来アーチの強いバランスと鍛えたアーチ筋力で足を安定させて、過度な回内運動を減らし、問題の本当の原因を解消し、アキレス腱とふくらはぎ筋肉を怪我から守ります。インソールに頼らない足の筋力とアーチを作り上げるインソール!