■Barefoot Science(ベアフットサイエンス)とは?

ベアフットサイエンスインソール

BAREFOOT SCIENCE (ベアフットサイエンス) インソール(中敷き)は1997年にカナダで足のケアをすることを目的に開発された商品で、カリフォルニア州立大学、コックス病院、オンタリオ大学、カナダヨーク大学、オタワ大学等専門医療研究陣が共同して開発をしました。

 

アメリカではすでに100万人以上の人に愛され続けている足アーチの筋肉を鍛えるインソール(中敷き)ブランドです。このインソールは、足の運動能力を向上させることを特徴として改良を続け、足を鍛えるインソールとして世界のインソールブランドのリーダーとして活躍しております。

 

現代社会では、たくさんの人が様々な足のトラブルや悩み・痛みについて慢性的に問題を抱えています。悩みを改善するには矯正学などで治療をしますが、その治療方法は足のアーチを正す足底板・インソール・中敷きを使用する方法と足の筋力を徐々に鍛える方法が一般的です。

 

BarefootScienceは、その名の通り直訳すると裸足の科学です。科学的な視点から裸足の研究し続け、アーチを矯正し、支えながら、足の20ある筋肉をバランスよく強化し土踏まず(アーチ)を鍛えるアーチアクティベーションシステムを誕生させました。

 

■Barefoot Scienceで理想の足づくりができる

Barefoot Scienceで理想的な足のアーチづくりができる

人間の足は裸足でいる状態が自由に動かせる一番楽な状態で、毎日裸足で行動をすれば足の筋力も衰えることなく足のトラブルも減少します。しかし、ずっと素足というわけにはいかず、一日の大半は靴を履いて生活をしています。

 

実は、足のトラブルになる原因の一つに靴が関係しています。

普段履いている靴は歩きやすさを追求するためにクッションやサポートが付いていることが多く、足にとっては常に楽な体制になっている状態です。この楽な体制のままでいると、サポートなしでは足の形を作ることができず、偏平足や足底筋膜炎など足のトラブルにつながってしまいます。

 

ベアフットサイエンスは、足の運動能力を向上させる働きを持っているため靴を履いているときも常に足の運動をすることができ、身体を支える足のアーチを運動強化することができます。それにより、裸足の状態でもしっかりと身体を支えることができる天然のクッションを手に入れることができ足の悩みを改善させることができる商品です。

 

砂浜を歩いているように土踏まずに適度な刺激を与えてくれるので、20ある足裏の筋肉をバランスよく強化することができます。土踏まずを鍛えるアーチアクティベーションシステムで足のアーチ筋肉を毎日鍛えることで、理想の足づくりができます。

 

■毎日、靴に入れて歩くだけで鍛えられるインソール!

足のアーチと筋力関係

一般的なインソールの場合、足裏にある土踏まずのアーチを支える機能だけしか備わっていないため、足の筋肉がインソールに頼りすぎてしまい、その結果筋肉が衰えてしまう恐れがあります。BAREFOOT SCIENCE インソール表面のアーチ線は、土踏まずのアーチをしっかりと支えながら、歩くたびに土踏まずのアーチ周りにある筋力を刺激し活性化させ、足の筋肉を鍛えてくれます。アーチ部分が鍛えられることで土踏まずのアーチが支えられ、長い時間を歩いたり運動をしても、足が楽になり、疲れにくい足になります。土踏まずのアーチが正常の形に戻ると体の歪みも改善され体のバランスも良くなります。