土踏まずのアーチの構造と様々な足のトラブルの原因と改善対策

靴を履き始めてから人々は様々な足のトラブルに悩まされ、体にまで悪影響を及ぼすようになりました。足の悩みの原因は何なのか?治療方法や改善対策は何なのか?


足裏(土踏まず)のアーチとは?

2本足で歩いたり走ったりができるのは人間だけと言われますが、その理由は足の裏にある土踏まずのアーチ部分にあり、体を支えているアーチが下がることで足・膝・腰に様々な問題が生じます。


1. 足の骨の形態と構造

片足は26個の骨で構成されており、これらは三つの部分、後足部、中足部、前足部で形成されています。

 

●後足部の7本の骨。

踵骨は、足を構成する骨の中で最も大きい。歩行時の体重の最初の衝撃を支えることができる最も大きな骨であり、立っている時の体重を支えてバランスを保ちます。

 

●中足部の5本の骨。
これらの骨はそれぞれの体の内側、外側の体重を支える役割を果たしています。

 

●前足部の14本の足指の骨。
親指は2つの骨があり、残りの4本の足指にはそれぞれ3個ずつの骨で形成されています。足の親指だけが一番大きな理由は、足の指の中での移動や立っているとき、最も多くの力を受けるからです。

 

2. 足裏(土踏まず)のアーチの種類

人の足の裏(土踏まず)には外側縦のアーチ、内側縦のアーチ、横のアーチ形状があります。片足には三箇所のアーチがあり、それぞれ、前後方向、左右方向、水平回転方向の姿勢制御を容易にする機能を果たしています。又、アーチ形状がバネのように作用することで、足にかかる衝撃を緩和させる役割もあります。この3つのアーチのお陰で歩いたり走ったりが出来るんです。直立二足歩行を行うことで次第に形成されるため、生まれたばかりの赤ちゃんにはないです。なお、直立二足歩行は人間以外の動物にも見られるが、土踏まずが形成されるのは人間だけです。土踏まずのない猿やオラウータンも時々2本足で歩きますが、それは腰を落としたり膝を曲げて体のバランスをとっているからであって人間のようにスッと立って歩くことはできません。

 

足裏(土踏まず)のアーチが崩れるの?

現代、滑りやすい靴や足に刺激を与えてくれない靴、足に合わない靴、硬い地面、長時間の立ち仕事、運動不足、各種足の疾患、肥満、年齢を重ねるほど土踏まずのアーチが悪くなっていきます。構造及び形態に異常が生じれば足はもちろん足首、膝、お尻、腰、首など全身に不均衡と不調和が生じます。

 

衝撃吸収剤の入った靴を履いているにも関わらず疲れやすい、肩が凝る、膝が痛い、ふくらはぎがパンパンに張ってしまう等の症状は土踏まずのアーチに異常があるかもしれません。土踏まずに異常があると上手くバランスがとれなく転んだり、体が歪んで足や膝、腰などが痛くなるのです。先進国では利点に注目して変形された土踏まずのアーチ形態と構造を矯正することで足と全身の構造を直そうとする研究をして優れた成果を出しています。

土踏まずのアーチが崩れると?

アーチが下がるとどうなるの?

足裏の土踏まずにあるアーチが下がると以下のような様々な症状が生じます。

 

偏平足・扁平足 (flat foot)

1. 症状

●足に体重がのるとアーチが下がるタイプと体重とは関係無く下がっているタイプがある。

●症状がない場合もあるが慢性的な疲労感を感じる。

●長時間の歩行や運動後に筋肉の疲労感、痛みが生じる。

 

2. 原因
●大半が原因不明

●足の関節の骨折や神経筋肉の疾患、糖尿病

●アーチ周りの筋肉や関節の損傷

 

3. 改善の対策方法

●クッションインソール
長所:足のアーチの負担を減らし、衝撃を吸収する。
短所:良いクッションに頼って時間の経過とともに悪化し、問題の原因が解決できない。

 

●アーチサポート
長所:足の土踏まずに一般的なサポートを提供し、アーチが下がる事を軽減することができる。
短所:アーチの負担を軽減するが、サポートに頼ってアーチの筋肉が弱くなる。

 

●オーダーインソールと靴
長所:足に十分な安定性を提供することができます。
短所:カスタムインソールに依存度を促進し、足の筋肉を弱める。

 

●扁平足(偏平足)インソール Barefoot-Science:リハビリテーション/予防

アーチブロックを利用し、徐々に本来のアーチ形に戻しながら、土踏まずのアーチ筋肉を強化することにより、問題の再発を防ぐことができます。

 

お客様のレビュー

 

足底筋膜炎・足底腱膜炎 (Plantar Fasciitis)

足底筋膜炎、Plantar Fasciitis

1. 症状
●足の土踏まず部分の深い柔らかい組織の炎症。
● 特に踵や土踏まずの分野で刺すような痛み、朝や休憩の長い時間の後。
● 長い時間立ったり歩いたりする時、踵や土踏まず部分に継続的な鈍いうずく痛み。

 

2. 原因
●過度なアーチの崩れは足底筋膜を極度に伸ばし過ぎてしまった事。
●足を安定させようとアーチ筋肉は過度に収縮し、それにより足底筋膜の柔らかい組織の疲労や損傷。
●異常に高いアーチ、急激なスポーツ・運動、過度な体重負荷、足に合わない靴。

 

3. 改善の対策方法

●クッションインソール
長所:アーチシステムの負担を低減する衝撃エネルギーを吸収する。
短所:一時的な救済を提供し、時間の経過とともに悪化し、問題の原因が解決できない。

 

●アーチサポート
長所:足の土踏まずに一般的なサポートを提供し、アーチが下がる事を軽減することができる。
短所:一時的に足底筋膜への負担を軽減するが、弱めの筋肉には対処していない。

 

●オーダーインソールと靴
長所:損傷した足底筋膜の治癒を可能にするために、足に十分な安定性を提供することができます。
短所:オーダーインソールが提供するサポートは、足の筋肉を弱め、カスタムインソールに依存関係を促進する。

 

●他のパッド
長所:患部への圧力を減らすことによって、かかとの痛みの即時緩和を提供する。
短所:問題の原因を覆い、より深刻な負傷が生じる。

 

●足底筋膜炎(足底腱膜炎)インソール Barefoot-Science:リハビリテーション/予防

踵と土踏まずの間部分を包むようにしてくれるので痛みが徐々に軽減した。

足と土踏まずの筋肉を強化することにより、足底筋膜の張力が減少した。
これは足の改善された筋肉の効率化によるものです。
損傷を受けた組織部分の治癒を促進し、問題の再発を防ぐことができます。

 

お客様のレビュー 

 

モートン病、モルトン病 (Morton's Neuroma)

モートン病、モルトン病、Morton's Neuroma

1. 症状
●前足の痛み、麻痺または非常に熱い感覚、3番目、特に4番目の間で生じる。

●前足のけいれんから感覚の減少までの幅広い症状。


2. 原因

●前足の骨の慢性圧迫または神経を圧迫する。
●過度な中足骨のアーチの崩壊。
●特に前足を締めすぎる、狭い履物の原因で過度な圧力。

 

3. 改善の対策方法

●クッションインソール  :   適用外

 

●アーチサポート
長所:中足骨のアーチの過度の崩壊を防ぐのを助ける。

短所:支える筋肉が徐々に弱まっていき、アーチサポートへの依存は増加します。

 

●オーダーインソールと靴
長所:中足骨のアーチにカスタマイズされたサポートを提供します。

短所:オーダーインソールによって提供された厳格なサポートは足の筋肉を弱め、依存度を増します。

 

●他のパッド
長所:中足骨のパッドはダイレクトサポートを中足骨のアーチに提供します。

短所:短期的な救済だけを提供して、アーチを強化するようなことを何もしません。

 

●モートン病(モルトン病)インソール Barefoot-Science:リハビリテーション/予防
問題の本当の原因に対処して、その証明された強化プロセスによって足を安定させます。ユニークなドームデザインは、圧力を減少させて、痛みを助けることができます。前の部分が広い、高い、足に合ったぴったりの履き物の使用をおすすめします。

 

お客様のレビュー

 

外反母趾 (Hallux valgus)

外反母趾、Hallux valgus

1.症状
●足の親指の関節が側面における拡大。
●膨張(こぶ)、炎症、痛みなどの感じやすさ、不正足取りまたは不自然な歩行パターンに至る。

●爪先を重ね合わせるのに至ります。

 

2. 原因

●無理に足の親指の関節で摩擦と圧力を引き起こすようなタイトな履き物。

●足の不安と弱まった足の筋肉による足の過度な回内運動(内側に回す運動)。

 

3. 改善の対策方法

●クッションインソール  :  適用外

 

●アーチサポート
長所:アーチのサポートを提供して、過度な内側の回転を抑える役目。

短所:適当な足運動を制限し、足の筋肉をさらに弱めることを促進します。

 

●オーダーインソールと靴
長所:足にカスタマイズされたサポートを提供して、過剰回内運動を抑える役目。

短所:カスタム装具によって提供された厳格なサポートは足の筋肉を弱め、依存度を増します。


● 他の夜間 Splints (スプリントパッド : 骨折の治療などに用いるそえ木)
長所:夜間スプリントの使用はゆっくり足の指を再調整するのに圧力と刺激を与えます。

短所:使用するのが難しい場合があり、問題の原因に応対はできない。
(問題は、無理なタイトな履き物と弱められたアーチです)。

 

●外反母趾インソール Barefoot-Science:リハビリテーション/予防
問題の本当の原因に応対して、立証されたアーチの筋肉が強くなる過程で足を安定させます。影響を受ける部分の圧迫を解除する。 前の部分が広い、柔らかい、足に合った履き物の使用をおすすめします。

 

お客様のレビュー

 

踵骨棘 (Heel Spurs)

踵骨棘、Heel Spurs

1. 症状
●足のかかと部分にある鈍いうずく痛み。

●休憩後、体重負荷による鋭い、刺痛の痛み。


2. 原因
●足底筋膜の過度な緊張が踵の骨を引っ張る事で踵の骨に生じるトゲのような変形。

 

3. 改善の対策方法

●クッションインソール

長所:衝撃エネルギーを吸収します。(それは、アーチシステムの上で体重負荷を抑え、踵部分で刺痛の痛みを減少させます。)

短所:一時的救済だけを提供して、問題の本当の原因は解決できない。


●アーチサポート

長所:足のアーチに全体的な支持し、過度な回内運動(内側に回す運動)を抑えるのを助ける役目。

短所:体重負荷から筋膜の緊張を救いますが、筋肉を弱らせます。


●オーダーインソールと靴
長所:破損している筋膜が回復できるくらい足を安定させることができます。

短所:カスタム装具によって提供された厳格なサポートは足を弱め、依存度を増します。


●他のコルチゾン注入

長所:踵痛を和らげるために注射を与えます。

短所:薬物療法は、問題の原因を覆い隠して、快適さの間違った感覚を与えることによって、更なる怪我に繋がる原因を引き起こしてしまう。

 

Barefoot-Scienceインソール:リハビリテーション/予防
足とアーチの筋肉を強化することによって、足底筋膜における緊張と負荷をかなり抑えることができます。これは、損傷組織を回復させて、問題の再発を防ぎます。

アーチが自然に安定していることによって、踵骨棘は、地面に平行に保たれ、周辺の軟部組織に突き出す事はありません。

 

お客様のレビュー

 

アキレス腱炎症 (Achilles Tendonitis)

アキレス腱炎症 (Achilles Tendonitis)

1. 症状
●踵のうしろで鋭い銃撃痛が出るアキレス腱の炎症。
●痛みは、朝の最初の歩行ステップ、または、休息後の後に感じます。

 

2. 原因
●過度な反復ストレッチの結果としてアキレス腱の小さい損傷。
●過度の回内運動(内側に回す運動)を繰り返す。
●ふくらはぎの筋肉、腓筋を鍛え過ぎまたは、急激に動くこと。

 

3. 改善の対策方法

●クッションインソール

長所:踵を上げるように設計されているインソールは、過剰な緊張または腱を引くことから生じる痛みを軽減することができます。
短所:本当の原因(通常過度の回内運動)は解決されません。

 

●アーチサポート
長所:アーチ支持物は一般的な支持を足のアーチに提供して、回内運動を減らすのを助ける役目。
短所:原因に対処することなく、腱に対する重圧を一時的に軽減します。

 

●オーダーインソールと靴
長所:損害を受けた組織を回復する方向へと導き、安定させることができます。
短所:オーダーインソールの矯正器具により提供される堅さと支持は、足を弱め、依存を促します。


●その他-筋膜治療、電気刺激、寒冷療法と超音波
長所:これらのアプローチは炎症を減らすことができ、治療プロセスの速度を上げていくことができます。
短所:リハビリの処置で、その状態が何度も繰り返される。

 

●Barefoot-Scienceインソール:アーチアクティベーション/予防
足の強いバランスと筋肉の柔軟性は、アキレス腱とふくらはぎの筋肉を怪我から防止します。アーチアクティベーションで足を安定させて、過度な回内運動を減らし、問題の本当の原因を解消していきます。

 

お客様のレビュー

 

魚の目とたこ(Corns and Calluses)

魚の目とたこ(Corns and Calluses)

1. 症状
●通常、高い圧力がかかる足の裏部分の皮膚を厚くすること(たこ)。
●摩擦が多い部分、または、つま先関節上の部分の皮膚を厚くすること(うおの目)。
●中の神経障害は、鋭い刺痛、または鈍いなど、痛んでいる痛みを引き起こす場合があります。

 

2. 原因
●靴と足の間の反復的な摩擦。
●解剖学的に拡大した骨が皮膚に当たる圧力を増加。

 

3. 改善の対策方法

● クッションインソール

長所:より均一に足の下の圧力を分配することができます。
短所:問題を繰り返されさせることができる短い期間のクッションを提供します。靴をより制限的にするかもしれません。

 

●アーチサポート
長所:足を支えて、圧力をより均一に分配することができます。
短所:過度の摩擦の原因については解消できません。

 

●オーダーインソールと靴
長所:それぞれの足型にあう様にカスタマイズし、足の下部分に提供します。
短所:オーダーインソールの矯正器具により提供される堅さとサポートは、足を弱めてしまい依存を促します。

 

●その他-クリームと軟膏
長所:局所クリームは皮膚を柔らかくし痛みを和らげます。
短所:短期間の安心感を提供するが、原因は改善できません。

 

●Barefoot-Scienceインソール:アーチアクティベーション/予防

ベアフィットサイエンスは、証明された足の強化プロセスで足を安定させます。
足の筋肉強化による自然な安定性で足の余分な動きが減り靴との摩擦も減ります。

 

お客様のレビュー

 

内反小趾 (Bunionette)

内反小趾 (Bunionette)

1. 症状
●足の5番目の指部分の膨張と拡大。

●O脚歩きや内股歩き不自然な歩行パターンによる小指の膨張、炎症、痛み。

 

2. 原因

●摩擦と狭すぎる履物からの第5足指の関節への継続的な圧力。
●靴中の足の過度な動き。

 

3. 改善の対策方法

●クッションインソール

適用外

 

●アーチサポート
適用外

 

●オーダーインソールと靴
長所:足の5番目の指への圧力を減らすのに効果的。
短所:5番目の足指に対する圧力を減少はさせるが、足の機能メカニズムを弱くし不自然な歩行、別の部分での問題がでる可能性。

 

●その他-ドーナツ形のパッド
長所:直接、影響部位の圧力を減らす手伝いの役割。
短所:靴の中で極端に制限された環境を作るいろいろなパッドは原因を解消してくれません。

 

●Barefoot-Scienceインソール:アーチアクティベーション/予防
立証された足のアーチが強くなるアーチアクティベーションシステムで足を安定させ、原因を解消していきます。靴の中で足の遊動が減り、摩擦と圧力を最小化にしていきます。履き物は先端が高く、広く、柔くて足に合った靴をおすすめします。

 

お客様のレビュー

  

前方シンスプリント、脛骨過労性骨膜炎(Anterior Shin Splints)

前方シンスプリント、脛骨過労性骨膜炎(Anterior Shin Splints)

1.症状
●下脚の表の横の箇所で痛み、麻痺またはうずくこと。
●脛骨過労性骨膜炎は骨と軟部組織の2つのタイプに分けられる。
●骨が原因だと圧力骨折、軟部組織が原因だと前方コンパートメント症候群の型であると考えられます。

 

2. 原因

●影響による脛骨の微細な穴。頻繁に急停止の走りまたは、丘を駆け降りることから生じることがありえます。
●筋肉が足を安定させようとして、過度な回内運動(内側に回す運動)。
●下脚の正面の上の筋肉と背中の筋肉の間の筋肉アンバランス。

 

3. 改善の対策方法

●クッションインソール

長所:影響エネルギーを吸収します。
短所:一時的な安定を提供するかもしれません。

 

●アーチサポート
長所:過度な回内運動を減らすのを助けるために一般的な支持を足に提供します。
短所:一時的に作業負担から足を安定させる筋肉を取り除くが、弱め続ける足を許します

 

●オーダーインソールと靴
長所:カスタマイズされた支持を足に提供して、過度な回内運動を減らすかもしれません。
短所:問題の本当の原因はなくなならずより繰り返されそうな問題を作ります。

 

●その他-安静、アイシング、圧迫と挙上(足を高くする事)
長所:アイシング、圧迫することは、痛みを和らげることができます。
短所:応急処置で短期鎮痛を提供するが、原因は解消できません。

 

●Barefoot-Scienceインソール:アーチアクティベーション/予防
すべての筋肉群の強さと柔軟性のバランスは、下脚の筋肉に対する重圧、負担を減らします。構造的にしっかりしたアーチは、効果的な天然クッションを提供します。足の回内運動は、足を支えるアーチの筋肉を強くすることによって減ります。

 

お客様のレビュー


YAHOOショップ

YahooShopへ移動します。
YahooShopへ移動します。

楽天市場

 楽天市場へ移動します。
 楽天市場へ移動します。

素足の科学ブログ

扁平足、偏平足 インソール
素足の科学ブログへ移動します。
土踏まず
ゴルフインソール
FOOT
サッカー
テニス
テニス
山登り
マラソン
ハイキング
バスケット
フットボール

お問合せ

BAREFOOTSCIENCE

BAREFOOTSCIENCE JAPAN

電話:03-6751-2196

メールアドレス:

woo@barefootscience.jp

 

お問合せ時間

平日:月~金10時~17時まで土曜日・日曜日・祭日はお休みです。